ピアサポートセンター ひといろの実 とは

ピアサポートひといろの実 事務所玄関

ピアサポートセンターひといろの実は、主に精神性疾患を抱える方に対して、地域の中でその人らしく暮らせるよう、社会的な自立に向けた支援事業を行なっています。精神性疾患のために通院または入院している方は、長期にわたり日常生活や社会生活において制約を受け、人との関係性や社会的なつながりを失ったり、自宅にひきこもったり退院後の地域生活移行に不安を抱えたりしていることが多いのが現状です。

ひといろの実では、リカバリーの概念に基づき、似たような困難や体験を共有する仲間で支え合うピアサポート活動を中心に、福祉作業所の運営、相談支援などを通じ、地域の人々が互いに支え合う体制づくりを目指し、以下の事業を展開しています。

  • つどいの杜 まりも

    地域活動支援センターⅢ型
    つどいの杜 まりも

    “いつ来ても、いつ帰ってもOK” “誰が来てもOK” “自分のことはなるべく自分で” “来たときよりも美しく”をモットーに「ほっとして落ち着ける居場所」としてサロンを運営しています。キャンドルの検品等のお仕事の準備もあります。

  • ゆうほどう

    相談支援ゆうほどう

    相談支援事業所ゆうほどうは、主に長期入院者の方々が医療機関以外の場所でこれからの人生を営んで行く為の退院のお手伝いをさせて頂いています。
    その後の安心・安全な生活のサポートを応援団と一緒に考えさせて頂きます。

  • ピアサポート活動

    ピアサポート活動

    主な活動としては、長期入院されている方の退院に向けて、岡山県内にある5か所の精神科病院でピアサポーターが定期的に訪問し交流会を行ったり、外出の同行を行ったりしております。また、地域づくりや啓発活動の一環として、地域の支援機関でも地域の輪を広げるため交流会を開催、大学や行政での体験発表も行っております。

  • 杜の灯り

    グループホーム
    杜の灯り

    グループホーム杜の灯りでは、共同生活の中で、自分のことは自分ですることを基本とし、ご本人ができにくいところを職員がサポートします。利用者がそれぞれの自立に向けた目標を設定し、日中活動等もとり入れていただいています。

  • くらしきピアぽーと

    生活訓練事業所
    くらしきピアぽーと

    くらしきピア「ぽーと(港)」では、一人ひとりが今までの人生で培った経験や知恵を「心の中にあるくら(蔵)」から出し、活かしながら、自立した生活に向けた一歩・挑戦・出発を応援します。